ワカサギ釣り具

ワカサギ釣りの道具・釣り場・釣り方を初心者向けに解説!

ワカサギ釣りは冬の風物詩として、古くから親しまれている人気の釣りです。
とくに、氷上での穴釣りを思い浮かべる方も多いかもしれません。

実は、氷上の穴釣りだけでなく、湖での「ボート釣り」や寒い時期でも快適に楽しめる「ドーム船」のワカサギ釣りも人気。

女性や子どもでも、手軽に楽しめるのが魅力です。

とはいえ、はじめての方はどんな道具が必要か、どうやって釣るのかなどわからない場合も。

そこで今回は、初心者向けにワカサギ釣りについて場所や道具、釣り方を解説します。
ぜひ参考にしていただき、念願のワカサギ釣りデビューを果たしましょう。

ワカサギ釣りに必要な道具や装備をすぐ見る

ワカサギ釣りとは

ワカサギ

ワカサギは本来、島根県より以北の本州と北海道に生息する体長7~8cmの小魚です。
漢字では「公魚」と書きます。

春に産卵して1年で生涯を終える「1年魚」のほか、満3年で成熟する「3年魚」は体長10cm以上にも成長して「デカサギ」と呼ばれ人気です。

およそ9月から3月の寒い時期がワカサギ釣りの最盛期。

氷結した湖で穴を開けて釣る「氷上ワカサギ」をはじめ、桟橋やボート、ドーム船など多様なスタイルで楽しめるが魅力です。

仕掛けを垂らせば鈴なりで釣れることもあり、女性や子供でも手軽に楽しめてファミリーフィッシングとしても定着しています。

エキスパートになれば、1日で1,000匹以上釣れることも。
釣りのなかでワカサギ釣りが一番面白い」いう方がいるほど、釣り人を魅了しています。

また、自分で釣った新鮮なワカサギを食べるのも楽しみのひとつ。

冬のワカサギは臭みも少なく、定番のから揚げや天ぷらをはじめ、さまざまな調理方法で味わえます。

なかには、すべてがパッケージされたワカサギ釣りツアーを開催しているフィールドもあるので、旅行がてら体験してみたい方はチェックしてみてください。

ワカサギ釣りツアーに参加してみよう!オススメプランを紹介ワカサギ釣りツアーは、道具の用意や釣りの準備、釣り方をレクチャーしてくれて、釣りがまったくの初心者でも安心して楽しめます。オススメのワカサギ釣りプランを紹介します。...
ワカサギ釣りの魅力

ワカサギ釣りのシーズンはおよそ9月から3月

氷上・桟橋・ボート・ドーム船など多様なスタイルで楽しめる

女性や子ども連れのファミリーでも手軽に楽しめる

すべてパッケージのワカサギ釣り体験ツアーもある

ワカサギ釣りを楽しめる場所

ひと昔前は、ワカサギ釣りといえば東日本より北の地域で楽しむイメージでした。

しかしながら、今では放流も盛んにおこなわれており、北海道から九州まで多くの方が楽しんでいます。

関東で人気の釣り場は山中湖芦ノ湖相模湖高滝湖榛名湖赤城沼など。
中部には入鹿池があり、関西では津風呂湖東条湖などが有名スポットになっています。

北海道も朱鞠内湖をはじめ、多くのワカサギレイクがあるワカサギ釣りのメッカ。
長野県の木崎湖のように、通年ワカサギ釣りを楽しめる湖もあります。

東北地方では、岩手県の岩洞湖が例年GW頃までワカサギ釣りを楽しめるとして人気。

また、福島県の桧原湖は「ワカサギ釣りの聖地」ともいわれ、晩秋のドーム船の釣りから氷結時期の氷上ワカサギまで、多くのワカサギフリークで賑わっています。

当サイトでは特定のワカサギ釣り場にフォーカスした記事を用意しているので、ぜひチェックしてみてください。

ワカサギ釣りの4つのスタイル

湖での釣り場としては氷上をはじめ、ドーム船、桟橋、ボート釣りでワカサギ釣りを楽しめます。

ワカサギ釣り4つのスタイル
  1. 氷上
  2. ドーム船
  3. 桟橋
  4. ボート釣り

それぞれ詳しく解説していきましょう。

氷上

氷上ワカサギ釣りの様子聖地「桧原湖」では、結氷すればワカサギテントが立ち並ぶ

ワカサギ釣りといえば、多くの方がイメージするのが氷上釣りです。
氷結した湖に穴を開けてワカサギを釣ります。

真冬の山上湖への釣行になるため、それなりの装備が必要。

初心者だけでの釣行は敷居が高く、はじめての場合は経験者と釣行するのがオススメです。

時期はおおむね1~3月で、北海道の網走湖・福島県の桧原湖・群馬県の赤城大沼などがメッカとして知られています。

氷上ワカサギ釣りに役立つアイテムは、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

極寒でも快適!「氷上ワカサギ釣り」のオススメ便利グッズ美しい一面銀世界のなかで楽しむ「氷上ワカサギ釣り」。氷上ワカサギ釣りを快適に楽しむための便利グッズをご紹介します。...

ドーム船

ワカサギドーム船ドーム船なら快適にワカサギ釣りを楽しめる

「ドーム船」と呼ばれる小屋付きの船でのワカサギ釣りです。

雨風や雪をしのげるため、初心者にオススメ。老若男女問わず、快適かつ手軽に楽しめます。

座って楽な姿勢で釣りを楽しめるほか、なかにはエアコンを完備しているドーム船もあり、極寒での釣りとは思えない快適な釣りを満喫できるのが魅力です。

ワカサギ釣りツアーや初心者教室などはドーム船でおこなわれることが多いため、ぜひ参加してみましょう。

湖によって異なりますが、おおむね9月の解禁からゴールデンウイーク頃までシーズンです。

桟橋

ドーム船同様、手軽に楽しめるのが桟橋でのワカサギ釣りです。
雨風はしのげないものの、自然の雰囲気で釣りを楽しみたい場合に適しています。

ただし、桟橋でのワカサギ釣りを楽しめるフィールドは限られるほか、ハイシーズンには移動がままならないほど混雑する場合も。

湖によって時期は異なりますが、おおむね11月~3月がシーズンです。
なかには、桟橋をドームで囲った「桟橋ドーム」もあります。

ボート

9月にワカサギ釣りが解禁すると、待ち望んでいたワカサギフリークたちはボート釣りからシーズンに突入します。

レンタルボートを利用して手漕ぎでポイントに向かうほか、電動のハンドコンエレキを使用する方も。

ポイントまでボードを引っ張ってくれる、引き舟サービスをおこなっているボート屋もあります。

景色を眺めながらのんびり楽しめるものの、釣れるタナやポイントなど、広い湖で釣果を上げるにはそれなりの情報収集が必要です。

とくに、初心者の単独釣行は難しいかもしれません。

ボート釣りと桟橋での釣り、それぞれのメリットやデメリット、釣り方のコツについては下記の記事で解説しています。

ワカサギ釣り「ボートと桟橋」どちらがオススメ?メリット・デメリットワカサギ釣りは人気の「ドーム船」のほか、ボートと桟橋でも気軽に楽しめます。それぞれのメリットとデメリットを解説します。...

ワカサギ釣りに必要な道具・装備

ワカサギ釣りの道具出典:Amazon

では、ワカサギ釣りで必要な道具や装備について解説していきます。
あると便利なグッズも紹介しますので、参考にしてみてください。

最低限必要な道具・装備

ワカサギ釣りでは、以下のような道具や装備が必要です。

ワカサギ釣りに必要な道具・装備
  1. 竿(穂先)
  2. リール
  3. 仕掛け(ライン・ハリ・オモリ)
  4. エサ

では、それぞれ見ていきましょう。
さらに詳しく解説しているページのリンクも貼っているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

竿・穂先

ワカサギ穂先おすすめ出典:Amazon 一部加工

近年、ワカサギ竿は電動リールに差し込んで使用する穂先タイプが主流。
30cm前後が標準的な長さです。

おもに、穂先部分が柔らかい「先調子」と、全体的に柔らかい「胴調子」の2タイプがあり、水深やオモリの負荷で使い分けます。

先調子は操作性に優れているほか、小さなアタリをキャッチしやすいのが特徴。
粘りのある胴調子は、掛かったワカサギがバレにくいメリットがあります。

そのほか、各メーカーが販売している穂先にはさまざまな特徴があるので、あらゆる状況に対応すべく少しずつ買い増していくのがオススメです。

とはいえ、電動リールを使うタックルはやや高価格なのがデメリット。

釣行回数が少ない方や試しにワカサギ釣りを体験してみたいなら、手巻き式リールをセットする安価なワカサギ竿ではじめるのも方法のひとつです。

ワカサギ釣りに慣れてきたら、さまざまな状況に対応すべく少しずつ穂先を買い増していくのがオススメ

ワカサギ竿や穂先については、下記の記事で解説しているので参考にしてみてくださいね。

「ワカサギ竿」のオススメ11選!選び方3つのポイントを解説ワカサギ竿には初心者向けからエキスパート向けまでさまざまなタイプがあります。初心者にオススメのワカサギ竿を紹介。あわせて特徴や選び方も解説します。...
【2022~2023年版】「ワカサギ穂先」のオススメ!選び方4つのポイントを解説ワカサギ釣りでは電動リールに「ワカサギ穂先」をセットするスタイルが主流です。オススメのワカサギ穂先のシリーズやモデルを紹介し、選び方を解説します。...

リール

ワカサギリールには、手で巻き上げる「手巻きリール」と自動で巻き上げる「電動リール」があり、主流は電動リールです。ワカサギ穂先をセットします。

とくに、手返しを重視したい場合は電動リールがオススメ。

数を釣るべく竿を2本同時に出す人もおり、浅い場所でも電動リールを使うのが一般的になっています。

なかには、自動で誘いをかけられる機能を搭載したリールもあるのでチェックしてみてください。

ただし、電動リールは手元のボタンを押すだけで自動的に巻き上げできるものの、手巻きリールより価格が高いのが難点です。

「ちょっと体験してみたい」「趣味として続けるかわからない」という場合は、安価な手巻きリールではじめてみる方法もあります。

ワカサギ電動リールについては、下記の記事で詳しく取り上げています。ぜひ参考にしてみてください。

【2022~2023年】「ワカサギ電動リール」予算別オススメ!選び方4つのポイントより快適にワカサギ釣りを楽しめる「ワカサギ電動リール」。買い求めやすいリーズナブルなモデルも発売されています。予算別にオススメモデルをご紹介。選び方も解説します。...

ライン

ワカサギ釣りで使用するおもなラインには、ナイロンライン・フロロカーボンライン・PEラインがあります。

ナイロンラインはしなやかで扱いやすいのが特徴。
フロロ―カーボンラインも扱いやすく、張りがあって感度に優れています。

近年のワカサギ釣りでは、0.3号以下の極細PEラインが主流。
感度と強度に優れており、ワカサギの小さなアタリを明確に捉えられます。

極寒期の氷上ワカサギ釣りでPEラインが凍ってしまうケースでは、フロロカーボンラインやナイロンラインを使うのがオススメです。

製品によって30m巻や60m巻が販売されていますが、トラブルで切ることを考慮した場合、初心者なら最初から60mを巻いておいたほうがよいでしょう。

ワカサギ専用ラインについては、下記の記事でも詳しく取り上げています。

「ワカサギ専用ライン」のオススメ12選!選び方4つのポイントワカサギリールに巻く「ワカサギ専用ライン」。ワカサギ専用ラインのおすすめモデルをご紹介とあわせて、選び方も解説します。...

ワカサギ仕掛け

ワカサギ釣りの仕掛けは、各メーカーから多種多様な製品が発売されています。

自作する方もいますが、ハリスに枝針がたくさん付いている「ワカサギ仕掛け」を使用するのが一般的です。

全長はもちろん、ハリとハリの間隔が異なるなどさまざま。

長いものは1m以上のタイプもありますが、最初は50~80cm以下でハリが5~6本付き、0.3号程度のハリスを採用したオーソドックスなタイプがオススメです。

なかには、釣り場の名前を品名に採用した、ご当地専門仕掛けもあるのでチェックしてみてください。

ワカサギ仕掛けについては、下記の記事でも詳しく取り上げています。

「ワカサギ仕掛け」のオススメ!選び方9つのポイントを徹底解説「ワカサギ仕掛け」はバリエーション豊かで、品質も高く安心して使えます。ワカサギ仕掛けを選び方を解説し、あわせてメーカー別にオススメ製品を紹介します。...

ハリ(下バリ)

ワカサギ釣り用のハリは、狐鈎と袖鈎の2種類が主流です。
ワカサギ仕掛けや下バリを選ぶ際は、針の種類をチェックしておきましょう。

狐鈎は、低活性時やサイズが小さいときに適しており、掛かりのよさが特徴。
ただし、バラしやすい面があり、掛かり重視の上級者向けです。

袖鈎は、活性の高いときやサイズが大きい場合に最適。
バレにくいものの、食いの渋いときは掛かりが遅い場合があります。

ただし、ハリに絶対はなく、上記の特徴はあくまで目安。

ハリの選択が釣果に影響するケースもあるため、狐鈎・袖鈎ともに複数の号数を揃えておくのがオススメです。

ワカサギ釣りでは、ワカサギ仕掛けの下にセットする「下バリ」の有無で釣果が違ってくるケースがあります。以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

ワカサギ仕掛けに「下バリ」をセットしよう!オススメ製品を紹介ワカサギ仕掛けにハリを追加できる「下バリ」。下バリに高確率で食いついてくるケースもあり、釣果アップを目指すならぜひ使いたいアイテムです。オススメ製品を紹介します。...

オモリ

ワカサギ釣りのオモリには、おもに細長い棒型と丸形の2タイプがあり、ワカサギ仕掛けの下にセットします。

丸型は底で安定しやすく、魚探に移りやすいのが特徴。
おもに、底につける釣り方で使用します。

棒型は宙釣りで使用しやすいタイプ。

落としやすいものの、底で倒れたり誘いにくかったりするなど扱いにくい面もあり、はじめは丸形がオススメです。

釣り場の水深によって、4~10g程度から選択します。

素材には鉛とタングステンがあり、タングステンは同じ重さでもシルエットを小さくできるのがメリットです。

ワカサギ釣りのオモリについては、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

ワカサギ釣り「オモリ」オススメ7選!選び方6つのポイントワカサギ釣りで必須の「オモリ」。オモリには形状や素材によって特性が異なります。オモリの選び方の解説と合わせて、オススメ製品もご紹介します。...

エサ

ワカサギ釣りのエサ

ワカサギ釣りのエサは、おもに「サシ」や「赤虫」を使用します。
サシのほうがハリに刺しやすく、初心者にオススメです。

サシには大きく分けて「白サシ」と、食紅で赤く着色した「紅サシ」の2種類があります。

どちらがよいかは、状況によって使ってみたいと判断できないケースも多く、できればどちらも用意しておくと万全です。

通常、船宿で販売されており、白サシと紅サシのどちらがよいのか教えてもらえます。

虫エサが苦手な場合は、人工エサも販売されているのでチェックしてみてください。

ワカサギ釣りのエサについては、下記の記事で詳しく解説しています。

ワカサギ釣りの「エサ」徹底解説!種類や便利アイテムを紹介ワカサギ釣りのエサにはいくつか種類があります。ワカサギ釣りのエサにフォーカスして種類を徹底解説。あわせてエサ関連の便利なアイテムも紹介します。...




あると便利なグッズも要チェック

快適なワカサギ釣りをサポートする、便利なグッズを紹介します。
おもに、以下のようなモノがあるのでチェックしてみてください。

ワカサギ釣りであると便利なグッズ
  1. ライブウェル(水槽)&ワカサギ針外し
  2. 叩き台
  3. 魚群探知機
  4. クーラーボックス
  5. クッション・イス
  6. ドリル
  7. テント
  8. ソリ
  9. ライフジャケット

ライブウェル(水槽)&ワカサギ針外し

ワカサギ釣りのライブウェルと針外しワカサギ針外しはライブウェルにセットできる

釣ったワカサギを活かしておくライブウェルと、ワカサギ針外しがあると便利です。

ワカサギ釣りは手返しが重要。

ライブウェルにワカサギ針外しをセットしておけば、釣れたワカサギのハリをすばやく外せて、そのまま水槽でキープできます。

ワカサギ針外しのなかには、カウンター付きタイプもあるのでチェックしてみてください。

ワカサギ針外しやライブウェルについては、以下の記事で詳しく取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

「ライブウェル」のオススメ!ワカサギを活かして美味しく食べようワカサギを活かしておいてなるべく新鮮に持ち帰るのに欠かせないのが「ライブウェル」です。オススメ商品をご紹介します。...
「ワカサギ針外し」で手返しアップ!オススメ8選ワカサギからハリを外すのに役立つ「ワカサギ針外し」。効率的にかつスピーディーに釣るために欠かせないアイテムです。オススメモデルを紹介し、メリットや種類を解説します。...

たたき台

たたき台の画像たたき台は必需品といっても過言ではないアイテム

電動リールを置いて操作する際に必要な小型のテーブルです。

高さや角度を調整できるタイプなら、長い時間釣りでも疲れにくく快適に釣りを楽しめます。

ボートに固定できる万力タイプと脚付きのスタンドタイプがあり、氷上・ドーム船・桟橋・ボートなど釣りのスタイルに合わせて選びましょう。

たたき台については、下記の記事で詳しく解説しています。

ワカサギ「たたき台」オススメ5選!選び方3つのポイントを解説ワカサギ電動リールを乗せる「たたき台」は誘いをかけやすくアタリも取りやすくなるなど便利なワカサギ道具です。たたき台の選び方を解説します。...

魚群探知機

魚群探知機があれば水深や地形、ワカサギの群れが入ってくる様子がわかって便利です。

ワカサギ釣り用のコンパクトな専用モデルが販売されているので、チェックしてみてください。

初心者なら最初はなくても大丈夫ですが、ワカサギ釣りをさらに極めようと思ったら購入を検討してみましょう。

ワカサギ釣り用の魚群探知機は、下記の記事で取り上げています。ぜひ参考にしてみてください。

ワカサギ釣り専用「魚群探知機」のオススメ!選び方4つのポイント本格的にワカサギの数釣りを楽しみたいなら「魚群探知機」が欠かせません。オススメのワカサギ釣り専用モデルのご紹介とあわせて、選び方を解説します。...

クーラーボックス

釣ったワカサギを新鮮な状態のまま持ち帰るなら、クーラーボックスが欠かせません。

小型モデルで十分で、寒い時期に使用するため保冷能力も必要以上に気にする必要はありません。

なかには、エサを入れるトレー付きや魚の投入口などを備えた、ワカサギ釣り向きモデルも販売されているのでチェックしてみてください。

ワカサギ釣り用のクーラーボックスについては、下記の記事で詳しく解説しています。

ワカサギ釣り用「クーラーボックス」オススメランキングと選び方釣ったワカサギを新鮮に持ち帰るために欠かせないクーラーボックス。ワカサギ釣りに便利なクーラーボックスの選び方を解説し、オススメモデルを紹介します。...

クッション・イス

ワカサギ釣りでは、あぐらの姿勢で楽しむ場合があります。

段差式のクッションを用意しておけば、楽な姿勢であぐらを組みやすくなるので、チェックしておきましょう。

どうしてもあぐらの姿勢が苦手な場合には、釣りやすい姿勢で座れる「あぐらイス」を使用するのも方法のひとつです。

通常のアウトドアチェアより高さが低く、あぐらに近い姿勢で快適な釣りをサポートします。

イスを用意しているドーム船では必要ないものの、桟橋や氷上で楽な姿勢で釣りを楽しみたい方はチェックしてみてください。

ワカサギクッションや椅子については、以下の記事で詳しく取り上げています。

「ワカサギクッション」のオススメ7選!選び方3つのポイントを解説あぐらの姿勢で楽しむワカサギ釣りで、足や体への負担を軽減するのが「ワカサギクッション」です。オススメ製品を紹介し、あわせて選び方も解説します。...
「ワカサギ椅子」オススメ9選!選び方のポイントを解説ワカサギ釣りは低い体勢で楽しむケースが多く、あぐら椅子など「ワカサギ椅子」があると便利です。オススメのワカサギ椅子を厳選してご紹介し、あわせて選び方も解説します。...

アイスドリル

氷上ワカサギ釣りで、湖に穴を開ける際に必要です。
釣り場によってはレンタルできる場合もあります。

手動式のほか、アダプターを使って電動ドリルに取り付ける方法も。
ただし、市販の充電式電動ドリルは高価です。

1シーズンに氷上ワカサギへ行く回数を考慮して、購入を検討してみましょう。

ワカサギアイスドリルについては、下記の記事で詳しく取り上げています。

ワカサギ「アイスドリル」オススメ5選!電動ドリルもご紹介氷上ワカサギで穴を開ける際に活躍するのが「アイスドリル」です。オススメのワカサギ釣り用アイスドリルをご紹介。電動ドリルについても解説します。...

テント

氷上ワカサギテント氷上に設置したワカサギテント

氷上ワカサギ釣りでは、寒さや風を防ぎながら楽しむ際にテントを設置します。

氷上に穴を開けるため、通常のキャンプ用テントのようなフロアシート付のタイプは使用できないので注意しましょう。

なかでも、ワンタッチで設営できるモデルが便利です。
ワカサギ釣り専用テントも販売されています。

ワカサギテントについては、下記の記事で詳しく取り上げています。

ワカサギテントのオススメ6選!選び方のポイント・注意点を解説氷上ワカサギで雪や風をしのぐのに必要な「ワカサギテント」。快適なワカサギ釣りに欠かせません。オススメモデルをご紹介し、選び方も解説します。...

ソリ

氷上ワカサギのソリ氷上を移動する際はソリがあると便利

ソリは、氷上ワカサギ釣りで荷物を運ぶ際に使用します。

氷上ワカサギでは、穴を開けるドリル・細かい氷をすくうオタマ・テント・魚群探知機・バッテリーなど、大量の荷物を運ぶため、ソリがないと不便です。

とくに、ポイントまで距離がある場合は必需品。

ワカサギ釣り用があるわけではなく雪遊び用のソリで十分ですが、深さのあるタイプが荷物を載せやすく便利です。

ソリについては、下記の記事で詳しく取り上げていますのでチェックしてみてください。

氷上ワカサギで便利な「ソリ」のオススメ5選!選び方を解説氷上ワカサギ釣りで荷物の持ち運びに便利な「ソリ」。 氷上で役立つソリのオススメモデルを厳選してご紹介し、選び方を解説します。...

ライフジャケット

ボート釣りでは、ライフジャケットが必要になります。

また、ドーム船を利用する際に渡し舟に乗るケースもあり、やはりライフジャケットを着用しなければなりません。

通常、レンタルボート屋さんでレンタル用のライフジャケットを用意しています。

ワカサギ釣りに慣れて、自分用のライフジャケットが欲しくなったら購入を検討してみてください。

ワカサギの釣り方

ワカサギ釣り方

ワカサギ釣りに必要な道具や装備を理解したところで、実際の釣り方をイメージしておきましょう。

はじめてワカサギ釣りに行くなら、だいたいの流れや準備を理解しておくのが最初の1匹を釣り上げる近道です。

ラインの結び方

市販の仕掛けにはヨリモドシやスナップが付いており、そこへリールからのラインを結びます。

もっとも一般的で、強度に優れている結束方法が「クリンチノット」です。

ヨリモドシの輪へラインを通し、折り返した先端をラインへ5~6回巻き付けてからヨリモドシとラインの輪へ通します。

次にできた輪へ通して、余分なラインをカットすれば完了です。

以下のオーナーばりのチャンネルでわかりやすく解説されているので、参考にしてみてください。

エサの付け方

通常、仕掛けに備わっているハリのすべてにエサを付けます。
そのままハリに刺すだけでなく、カットして使うのが基本です。

カットしたサシから出たエキスをついばみにワカサギが寄ってきます。
エキスを出さないと釣れにくいので、注意しましょう。

頭をカットしたり、尻をカットしたりのほか、大きいサシなら2本でハリで頭と尻に刺して真ん中でカットすれば両方を使えます。

白っぽくなったら交換する目安。
早めに新しいエサに交換するのも、釣果を上げるコツのひとつです。

仕掛けをタナまで落とし込む

まずは、仕掛けを底まで落とし、オモリが底に着いたら少しラインを巻き上げます。
そこから、ワカサギが回遊しているタナに合わせていくのがコツです。

ワカサギ電動リールがあれば、水深の確認やタナの微調整がやりやすく便利。
船長がいるドーム船なら「底から10m上げて」などと、教えてくれる場合があります。

わからない場合には少しずつタナを変えて、ワカサギが泳いでいるタナを見つけましょう。

軽くロッドを上下させて誘いをかける

ワカサギ釣りでは、竿を上下させるなど「誘い」をかけないと、なかなか釣れません。

誘いにはさまざまな方法がありますが、基本は着底したら下バリのハリス分くらい持ち上げるのが基本です。

チョンチョンと穂先を軽く上げ下げしたら、少しステイします。
誘ったあとに、ワカサギが食いつく間をつくるのがコツです。

ワカサギ釣りは、その日の釣れるリズムを探すのが重要。
さまざまな誘いをかけてみて、その日のパターンを掴んで釣果アップしましょう。

アタリがあったらアワセる

プルプルというワカサギをアタリが穂先に出たら、口にハリ掛かりさせる「アワセ」を入れます。

その際、ビシッと強めに合わせるのは禁物です。
ワカサギの口はやわらかいので、ロッドを持ち上げるようにアワセましょう。

あまり大きすぎるアクションは、周りのワカサギに警戒されるため注意が必要です。

ハリを外してライブウェルへ

釣れたらハリを外して、ライブウェルで活かしておきます。

ライブウェルがいっぱいになったら、ジップロックやクーラーボックスに移し替えましょう。

ワカサギの口とハリは小さく、ハリを外す際は「ワカサギ針外し」があると便利です。
ライブウェルにセットすれば、手返しよく釣りを楽しめます。

釣ったワカサギを美味しく食べよう!

ワカサギから揚げ

釣ったワカサギは新鮮なまま持ち帰って、美味しく調理していただきましょう。
から揚げをはじめ、天ぷらや素焼き、南蛮漬けなどさまざま調理方法で食べられます。

もっとも手軽に調理できるのが定番のから揚げで、片栗粉をまぶして油でさっと揚げるだけと簡単。

生臭さが気になる場合は事前に水洗い、塩もみ、酒につけるなどひと手間かけるのがオススメです。

また、生臭い原因のひとつが、内蔵の未処理にあるともいわれています。

ワカサギの下あごの骨を指でつかんで尻尾側に引っ張ると、あごごと内臓を抜き取れるため試してみてください。

たくさん釣れて一度では食べきれないなら、片栗粉でまぶしたまま冷凍しておきましょう。
食べたいときにさっと取り出して揚げるだけで、いつでも美味しく食べられます。

自分で釣りあげた新鮮なワカサギを食べられるのが 釣り人の特権!

いろいろな調理方法で「食」も楽しもう!

ワカサギ釣り初心者にオススメの動画

釣り具メーカー「マルキュー」の公式YouTubeチャンネルでは、ワカサギ釣り初心者にぴったりな動画をアップしています。

ドーム船の受付から釣りをはじめるまで、エサの付け方や釣り方などを初心者向けに詳しく解説しており、これからワカサギ釣りをはじめる方の参考になる動画です。

動画のなかで紹介している人工エサ

動画のなかでは、マルキューが発売されている人工エサも紹介されています。
サシを触るのはイヤ、という方は用意しておきましょう。

ワカサギ釣りのよくある質問

初心者にオススメの釣り方は?

ドーム船がオススメです。
暖房設備やトイレなどが完備されており、快適にワカサギ釣りを楽しめます。

釣り堀の感覚で、小さな子どもから大人まで楽しさを満喫できるでしょう。

虫が苦手だけど大丈夫?

ワカサギ釣りはサシやブドウ虫を使いますが、夏など時期によってはエサをつけない「カラバリ」でも十分釣れます。

また、人工エサもあるので「虫が苦手、触りたくない」という方でも安心です。
ただし、エサをつけたほうが釣れるのは言うまでもありません。

サシは指でつまむのが難しいほど小さい虫なので、慣れればそれほど気にならなくなると思います。

ワカサギ釣りのエサ「サシ」サシは小さい虫

エサを交換するタイミングは?

エサは新鮮な状態のほうが釣れるので、できるだけマメに交換しましょう。
白っぽくなったら交換するほか、20分に1回ほどで交換するのが目安です。

釣れないときはもちろん、釣れ続いているときも交換したほうが入れ食い状態を持続させやすくなります。

仕掛けって、何回も使えるの?

仕掛けは一度使用すると、ハリやラインが傷んでしまいます。
基本的に使い捨てと理解して、なるべく多く仕掛けを用意しておきましょう。

ワカサギ釣りの一番の魅力は?

手軽に数が釣れやすいのが魅力です。

釣りでは100匹釣ることを「束釣り」といいますが、ベテランになると10束(1,000匹)釣るケースも珍しくありません。

また、さまざまな釣りスタイルがあり、季節に合わせて誰でも簡単に楽しめるのも魅力です。

自然の風景のなかで楽しめるほか、自分で釣ったワカサギを調理して食べられるのも釣り人ならではの特権です。

ワカサギの画像ワカサギは数釣りを楽しめるのが魅力

冬がハイシーズンのワカサギ釣りをはじめてみよう!

秋から冬にかけてシーズンを迎えるワカサギ釣り。
誰でも手軽に楽しめるのが魅力です。

紅葉を眺めながらのボート釣りや、冬ならではの美しい一面銀世界のなかでワカサギ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

はじめてなら、なるべくベテランの方に同行してもらうのがオススメです。

難しい場合はメーカー主催のワカサギ釣りツアーなども開催されているので、チェックしてみましょう。

ワカサギ釣りを体験して、自分で釣った新鮮なワカサギをぜひ味わってみてくださいね。

多くの船宿では道具をレンタルできますが、ワカサギを手軽に体験してみたいならリーズナブルなワカサギセットを購入してみる方法もあります。 自分のタックルで楽しみたいなら、下記のリンクからチェックしてみてくださいね。

関連記事をもっと読む