ワカサギ釣り方

ワカサギ釣りはボートと桟橋どちらがおすすめ?

近年、ワカサギ釣りは誰でも手軽に楽しめる「ドーム船」が人気です。
ただ、ドーム船はどこの湖にもあるわけではなく、『ボート』か『桟橋』でワカサギ釣りをはじめる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ボートと桟橋でのワカサギ釣りのメリットとデメリットを解説。
それぞれの釣り方のコツについても説明するので、これからワカサギ釣りをはじめる方はぜひ参考にしてみてください。

ボート・桟橋のメリットとデメリット

ボート・桟橋釣り方

ボート釣り

ワカサギボート釣り出典:小川亭

メリット

ボートでのワカサギ釣りの最大のメリットは、好きなポイントへ自由に移動できること。
マイボートを持参するエキスパートもいますが、ボートはレンタルボート屋さんで手軽に借りられます。

ボートで広いポイントを探れるため、数釣りしたい場合におすすめ。
とくに、魚群探知機があれば、さらに有利です。

ドーム船と異なり、開放感のある釣りを楽しめるのも魅力。
目の前に広がる美しい景色を眺めながら、ゆったりとした休日を過ごせます。

ドーム船と比べて、利用料金が安くすみのもメリットです。
ドーム船の利用料4,000円程度に対し、レンタルボートはおよそ半分2,000円程度で借りられます。

また、自由に釣りの時間の決められるのも便利。
ドーム船では集合と終了時間が決まっており、自分一人だけ「もう帰りたい」と言っても難しいです。

ボート釣りなら、釣りを始める時間や終了する時間、休憩などレンタルボート屋さんの営業時間範囲なら自由。

1人で自由にのんびりと楽しみたい方に最適です。

  • 広い湖を自由に移動できる
  • 数釣りできる
  • ドーム船より低コストで楽しめる
  • 時間の制約がなく自由に楽しめる
  • 1人でのんびり楽しめる
  • 美しい景色を眺めながら釣りできる

デメリット

ボートは基本的に手漕ぎであり、自分でポイントまで漕ぐ必要があります。
広い湖で釣れるポイントを求めて長い距離を漕ぐのは大変です。

2級船舶免許が必要なものの、エレクトリックモーター通称「エレキ」を使用する手もあるのでチェックしてみましょう。

また、転覆や落水の危険があるため十分に注意しなければなりません。
ライフジャケットが必須であり、風の強いときは帰還するのが難しいほど湖が荒れる場合があります。

初心者の場合、ベテランの知り合いに同行してもらったほうがよいでしょう。

  • ボートを漕ぐのが大変
  • 風が強いなど湖が荒れると危険
  • 転覆・落水の危険がある 

桟橋のメリット

メリット

桟橋でのワカサギ釣りはボート同様、のんびりと景色を眺めながら楽しみたいという方に適しています。

混雑している桟橋では遅く出かけると良い場所を確保できないものの、ドーム船と比べて時間の制約はなく、釣りを始める時間や終了する時間も自由です。

ボートと比較した場合、危険の少なさもメリット。
ボート釣りでは周りに誰もいない沖合で転覆したら大事故になりますが、桟橋なら少々風が強くても安心です。

桟橋での釣りは安全性が高く、子供と一緒のファミリーにもおすすめ。
何かトラブルが発生しても撤収しやすいですし、トイレにもすぐ行けます。

桟橋の利用料金はおよそ1,000円と安く、ドーム船はもちろんボート釣りより低コストで楽しめるのも魅力です。

また、桟橋をドームで覆った「桟橋ドーム」を設置している湖もあるので、チェックしてみてください。

  • 時間の制約がなく自由に楽しめる
  • ボート釣りより低コスト
  • トイレにもすぐ行けるので子供連れに最適
  • ボート釣りより危険が少ない
  • 景色を眺めながらのんびり楽しめる

デメリット

当然ながら桟橋は固定されており、釣るポイントやスペースも限られます。
また、一歩足を踏み外せば落水してしまうため、ライフジャケットの着用が必須です。

ボート釣りと異なり魚群探知機を使うメリットもなく、数釣りできる可能性としては少なくなります。

ただ、食べきれないほど釣れてもしょうがないという方なら、問題なく楽しめるでしょう。

  • ポイントやスペースが限られる
  • 数釣りはボートに分がある
  • 落水の危険はある 



ボート・桟橋での釣り方のコツ

ボートでの釣り方コツ

情報収集をしっかりと

広い湖ではどのあたりがポイントになるか、ボート屋さんで聞くなど情報収集しておきましょう。

はじめての湖なら水深を確認しておくほか、季節や風向きなどによるポイントの決め方などもチェックしておくのがおすすめです。

魚群探知機を用意

初心者には難しいものの、ボート釣りに慣れてきたら魚群探知機を用意しましょう。
魚群探知機はワカサギの群れを見つける際に便利です。

とくに広大な湖では、魚群探知機でワカサギを探せるかが釣果に関わってきます。

ワカサギ釣り専用「魚群探知機」を使って釣果アップ!選び方4つのポイント「魚群探知機」、使っていますか? さらなる釣果アップを目指すのであれば、装備の充実は欠かせません。 今ではワカサギ釣り専用モデル...

湖によってはアンカーを用意

風でボートが流れてしまうと釣りにならないため、固定して釣る必要があります。

固定用のブイやロープがあれば問題ありませんが、水深によっては備え付けのアンカーだけでは流されてしまう場合あるため注意が必要です。

そのような湖では、別途アンカーを用意する必要があります。

桟橋での釣り方コツ

釣れなかったらすぐ移動

桟橋ではポイントが限られることもあり、釣れないと思ったらすぐ移動するのがおすすめです。

風向きや日当たりの角度などで釣果が変わることもあり、釣れないときは粘らず、スペースがあれば移動しながら釣りましょう。

群れを留める工夫をしよう

群れが入ってきてもすぐにいなくなっては楽しめないため、群れをなるべく自分の釣っている場所に留めておく必要があります。

寄せっこやブドウ虫など集魚効果のあるエサなどを利用して、群れを長く留めておくように工夫してみましょう。

ワカサギ釣りはボート・桟橋どちらも楽しい!

ドーム船にはない魅力のあるワカサギのボート釣りと桟橋での釣り。
時間の制約を気にせず低コストで楽しめるなど、初心者でも手軽に楽しめます。

秋から冬へ、冬から初春へと、季節の移り変わりを楽しみながら釣りをできるのも魅力です。
ワカサギ釣りが気になったのなら、ぜひはじめてみてください。