ワカサギ釣りの魅力

はじめてみよう!冬の風物詩『ワカサギ釣り』の魅力とは?

冬の風物詩と言われ、湖が凍る季節になると氷上で『ワカサギ釣り』を楽しんでる光景をテレビなどで観る機会もあるのではないでしょうか?

「ワカサギ釣りはどんな釣りより面白い」というワカサギフリークも多く、旅行のついでに手軽に楽しめる釣りとしても人気です。

今回は、冬の釣りモノを検討している方やファミリーで楽しめる釣りを探している方向けに、ワカサギ釣りの魅力についてお伝えしていきます。

ワカサギ釣りの魅力とは

ワカサギ釣りの魅力

数がたくさん釣れる

釣りでは100匹以上釣ることを「束釣り」と言いますが、ワカサギ釣りでは「10束」の1,000匹以上釣れることも珍しくありません。

なかには、最高記録3,000匹を超える方もおり、とにかくたくさん釣れるのです。
ですので、初心者でもあっても1匹も釣れない「ボウズ」は滅多にありません

やっぱり釣れないよりは釣れたほうが楽しそうですよね?
はじめての方でも簡単に100匹以上釣れることも多く、”お土産”に困りませんよ。

手軽に楽しめる

ワカサギ釣りには「ボート釣り」「氷上釣り」「ドーム船」「桟橋」など、さまざまな方法で楽しめます。

なかでも、屋形船のようなシチュエーションで釣りを楽しめる「ドーム船」は、雨風をしのぎながら快適に釣りを楽しめるとして人気です

トイレが設置されているほか、ドーム船によっては暖房も完備されているなど、至れり尽くせり。
真冬のなかでも、上着なしの軽装で楽しめます。

多くの場合、道具もレンタルできるため「とりあえず体験していみたい」という方にも最適な釣りなのです。

ファミリーで楽しめる

ワカサギ釣りでは、長さ30cmほどのワカサギ竿を使用します。
長く重たいタックルを使用するわけでなく、女性や子供でも手軽に楽しめるのが魅力です。

とくにドーム船では落水の心配もなく、トイレ・冷暖房完備で不安なく快適に釣りを楽しめます

ドーム船には10数人以上が乗船できるタイプもあり、ファミリーや仲間同士で和気あいあいと楽しみたい場合に最適な釣りモノです。

エサを使用しなくても大丈夫

ワカサギ釣りではサシエサやブドウ虫など、基本的にはエサを使用します。
女性や子供の場合、「エサに触りたくない、見るのも嫌」という方もいるではないでしょうか?

ただ、エサを使用しない「カラバリ」でもワカサギは釣れます
また、「人口エサ」も販売されており、虫が苦手な方でも十分ワカサギ釣りを楽しめるのですね。

ただし、たくさん数を釣りたい場合は、本物のエサに分があることには留意しておきましょう。
エサを使用する場合、釣れなくても20分に1回程度のスパンで交換する必要があります。



美味しく食べられる

釣ったワカサギを美味しく食べよう

ワカサギ釣りの魅力のひとつが、多彩な調理方法で食べられることでしょう。
天ぷら・から揚げ・かき揚げ・一夜干し・チジミ・塩焼き・燻製など、さまざまな食べ方があります。

氷上釣りでは、釣ったワカサギをその場でから揚げにして食べる方も。
まさに「釣り人の特権」である、釣りたてを食べられるのも魅力です。

体験ツアーもある

ワカサギ釣りは手軽にファミリーや仲間で楽しめるとあって、季節になると旅行会社などが主催するツアーが開催されています。

ワカサギ釣りを楽しむだけのツアーはもちろん、さまざまなアクティビティを組み合わせたツアーなどもあり、「なにをどうしたらよいのかサッパリわからない」という初心者に最適です。

他の釣り、たとえば磯釣りや投げ釣りをやってみたいと思っても、なかなか手軽に体験できる機会はありませんよね?

ワカサギ釣りは「明日、ワカサギ釣りに行ってみよう」と、突然思い立っても楽しめる手軽さが魅力です。

ワカサギ釣りをはじめてみよう!

たくさんの魅力があり、誰でも楽しめる「ワカサギ釣り」。
「釣りをはじめてみたいけど、どんな釣りがいいかな?」と、悩んでいる方に最適です。

手軽にはじめられる、食べてもおいしいワカサギ釣りをぜひ体験してみてください。

ワカサギ釣りをはじめよう!必要な道具・釣り場・釣り方を解説『ワカサギ釣り』は冬の風物詩として、古くから親しまれている人気の釣りです。 氷上での釣りを思い浮かべる方も多いかもしれません。 ...