ワカサギ釣り場

夏のワカサギ釣りの魅力とは?楽しめるフィールドを紹介

冬の風物詩のひとつ「ワカサギ釣り」。

寒い季節の釣りであることに間違いはありませんが、夏でも楽しめるワカサギフィールドがあります。

なかには、夏こそ最盛期!というワカサギレイクもあるのですよ。
そこで今回、夏のワカサギ釣りの魅力と、オススメフィールドを紹介します。

夏でもワカサギ釣りを楽しみたい、または旅行がてら体験してみたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

夏ワカサギフィールドをすぐ見る

夏のワカサギ釣りの魅力

ワカサギ釣りを楽しめる湖のなかには、5~9月の夏シーズンにワカサギ釣りが許可されている湖があります。

一概に言えませんが、標高の高い場所に位置して水温が低く、夏でもワカサギが活発に活動している湖が有力なフィールドです。

では、夏のワカサギ釣りにはどんな魅力があるのでしょうか?

大きなワカサギが釣れる

夏のワカサギ釣りは、型のよさが魅力のひとつです。

ワカサギは春に産卵して、大半が死んでしまいます。
その多くは生まれて1年未満の「当歳魚」であり、生き残った2年魚、3年魚は当然ながら大型です。

体力のあるデカサギは夏の湖でも活発に活動し、食べ応えのある大きなワカサギを味わえますよ。

ワカサギの生態を知っておこう!なにを食べてるの?大きさは?誰でも簡単に楽しめる「ワカサギ釣り」。ファミリーや仲間とワイワイ気軽に楽しめるのが魅力です。ワカサギの生態について解説します。...

エサなしでも釣れる

状況によるものの、夏のワカサギ釣りの特徴がエサなしでも釣れることです。
エサをつけない「カラバリ」に積極的に反応します。

サシエサが苦手な女性や子どもでも楽しめますし、手返しよく釣れば数釣りも可能。

よりアピールしたいなら、光に反射する「フラッシャー」や「ティンセル」をハリに装着している仕掛けを用意しておくのがオススメです。

寒くない

夏ですから、当然ながら寒くはありません。

ワカサギ釣りに興味があっても「冬のボート釣りや極寒の氷上は寒そうでイヤ……」という方でも、安心して楽しめます。

とはいえ、標高の高い位置にある山上湖では冷える場合もあるので、羽織るモノを用意しておくと安心です。




夏にワカサギ釣りを楽しめるフィールド

では、夏シーズンにワカサギ釣りを楽しめるフィールドを紹介していきましょう。
例年9月20日頃に解禁する栃木県の中禅寺湖は、解禁期間が短いので省いています。

長野県「木崎湖」

長野県大町市にある木崎湖にはワカサギ釣りの禁漁期間がなく、1年中楽しめます。
ドーム船の運航は11月以降になるため、レンタルボートでの釣りになります。

神奈川県「芦ノ湖」

神奈川県の箱根町にある芦ノ湖は、3月解禁と関東でいち早くシーズンインするワカサギレイクとしても知られています。

夏が最盛期という方もあり、数釣りが可能です。
逆に、ほかの湖がピークを迎える12月~2月は禁漁期間になります。

栃木県「東小屋湖」

栃木県塩谷郡にある東小屋湖では、近年ワカサギ釣りに力を入れており、3~12月にワカサギ釣りを楽しめます。

ただし、人造の貯水湖で水位の増減が激しく、著しく減水しているときはポイントが限られてしまいます。

愛知県「入鹿池」

愛知県犬山市にある入鹿池は、中部・東海地区を代表するワカサギレイクです。
入漁期間がなく、1年中ワカサギ釣りを楽しめます。

もちろん夏のワカサギ釣りも可能ですが、本格的なシーズンは例年10月上旬以降です。

山梨県「山中湖」

山梨県南都留郡にある山中湖は、全国でもトップクラスの人気を誇るワカサギフィールドです。

例年9月に解禁して翌年6月上旬頃までワカサギ釣りを楽しめるので、5月・6月・9月が夏ワカサギのシーズンになります。

ボート屋さんによってはドーム船も運航しているので、快適にワカサギ釣りを満喫できます。

ワカサギ釣りをはじめよう

夏のワカサギフィールドへ行ってみよう

場所は限られてしまいますが、夏でもワカサギ釣りを楽しめるフィールドがあります。
大きなワカサギを釣ってみたいなら、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか?

また、観光シーズンでもあるので、旅行やドライブがてら体験してみるのもオススメですよ。

今回の記事を参考に、夏のワカサギ釣りにチャレンジしてみましょう。

ワカサギ釣りの道具・釣り場・釣り方を初心者向けに解説!ワカサギ釣りは氷上や湖でのボート釣り、快適なドーム船で楽しめます。女性や子どもでも手軽に楽しめるのも魅力です。ワカサギ釣り初心者向けに場所や道具、釣り方を解説します。...
関連記事をもっと読む