ワカサギ釣り場

中京・東海地区イチオシ!『入鹿池』のワカサギ釣り

愛知県の『入鹿池』は、日本最大クラスのため池。
中京・東海地区を代表する人気ワカサギフィールドであり、秋から初春にかけて多くのワカサギフリークで賑わっています。

入鹿池で基本情報をはじめ、釣り方やボート店情報、周辺の観光・宿泊情報まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

入鹿池のワカサギ釣り

入鹿池とは

入鹿池は愛知県犬山市の飛騨木曽川国定公園内にある、人工の農業用ため池です。
2010年には農林水産省のため池百選に選定され、2015年には国際かんがい排水委員会による世界かんがい施設遺産にも登録されました。

農業用の人工ため池としてはまれに見る大きさで周囲18km、貯水量は日本トップクラスを誇ります。

北に今井山、南西は本宮山・尾張富士・白山の尾張三山に囲まれており、ワカサギ釣りをはじめ、ブラックバスやヘラブナ釣り場としても人気です。

環境保護のため、撒き餌とガソリン船外機は禁止されています。

入鹿池のワカサギ釣りシーズン

入鹿池でのワカサギ釣りシーズンは例年10月上旬頃からスタートし、11月頃の紅葉がきれいな頃には多くの方がワカサギ釣りを楽しんでいます。

入漁期間は設けておらず、1年を通じて釣りが可能です。

水温が低くなるにつれてワカサギの活性が上がり、翌年の春先までボートでワカサギ釣りを楽しめます。

入鹿池のワカサギ釣り方

入鹿池では、釣れるワカサギの大きさに合わせてハリの号数をチョイスするのがおすすめ。
1~1.5号を基準として、良型が多ければ2号のハリを使用しましょう。

シーズンイン初期は2年魚、3年魚の良型が多く1.5~2号を選択。
12月中旬を過ぎて冷え込み食いが渋くなってきたら、当歳魚狙いで1~1.5号のハリを使ってみましょう。

狙うタナは水深7~20mほど。
初期は中層狙いで、冷え込むにつれて最終的にベタ底の釣りになります。

エサは白サシか紅サシを好みで選んで問題ありませんが、濁りが入ったときは赤虫が効果を発揮する場合があるので用意しておくとよいでしょう。

いずれにせよ、エサをまめに交換することを心がけ、軽い誘いをかけ続けるのが釣果をあげるコツです。

created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥385
(2021/02/27 01:40:41時点 Amazon調べ-詳細)



入鹿池のワカサギ釣り基本情報

名称入鹿池(いるかいけ)
期間10月上旬頃~翌年3月頃(釣りは一年中可能。)
料金
  • 入漁料:なし
  • レンタルボート:2,800円(1日2人乗り)
道具
  • 貸し竿:仕掛け付き800円ほど
  • 予備の仕掛け300円ほど
  • エサ200円ほど。
食事食事:各船宿やボート店に食堂あり
所在地
アクセス
  • 車:中央自動車道「小牧東IC」から約5分ほど。
  • 電車:名鉄犬山線「犬山駅」よりタクシーか、明治村行きのバスを利用。

レンタルボート店情報

みはらし茶屋(見晴茶屋)

ホームページに釣果をアップしています。
食事も可能です。

名竜亭

貸しボートと食事のお店です。

小川屋

喜六屋敷にあるボート店です。

入鹿亭

中スポ釣りナビに釣果情報を提供しています。

  • TEL:0568-67-2269

百軒亭

中スポ釣りナビに釣果情報を提供しています。

  • TEL:0568-67-3407

三咲茶屋

喜六屋敷にあるボート店で、中スポ釣りナビに釣果情報を提供しています。

  • TEL:0568-67-0739

入鹿池周辺の観光

国宝犬山城

木曽川の南岸にそそりたち、織田氏によって築かれました。
別名「白帝城」といわれ、天守閣は日本最古として国宝に指定されています。

博物館明治村

重要文化財12件を含む、60以上の建造物を見物できます。
明治の建物見学をはじめ、京都市電・蒸気機関車・村内バスの乗車が可能、
牛鍋を食べさせる店があり、ガイドツアーも各種用意されています。

日本モンキーパーク

遊園地デビューに最適な、ファミリーで楽しめる遊園地です。
岡本太郎制作作品「若い太陽の塔」が完全修復されており、展望台からは濃尾平野を一望できます。

入鹿池周辺の宿泊施設

湖畔には、眺望と料理が自慢のホテル「入鹿の里 MUSICA」があります。
また、周辺の一宮・犬山・小牧・瀬戸・春日井エリアには多くのホテルや旅館があるので、チェックしてみてください。

一宮・犬山・小牧・瀬戸・春日井エリアで宿を探す

日本最大クラスのため池でワカサギ釣り

日本最大クラスのため池という、貴重なシチュエーションでワカサギ釣りを楽しめる入鹿池。

入漁料なしで楽しめてボート店にはレンタル釣り具も用意されており、初心者が手ぶらで行っても楽しめます。

愛知県はもちろん、中京・東海地区にお住まいの方は、ぜひ一度訪れてみましょう。

入鹿池のワカサギ釣りクチコミへ

関連記事をもっと読む