ワカサギ釣り場

関東一早くシーズンインする湖!神奈川県「芦ノ湖」のワカサギ釣り

人気の観光地として知られる神奈川県箱根の「芦ノ湖」は、古くから釣りの盛んな湖。

関東でもっとも早くシーズンインするワカサギフィールドとして人気です。

今回は、釣り方や船宿の情報、周辺の観光・宿泊まで、芦ノ湖の魅力をまるっとご紹介。
ボートでワカサギ釣りを楽しんで見たい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「芦ノ湖」のワカサギ釣り

芦ノ湖のワカサギ釣り

芦ノ湖は夏でも比較的水温が低く、関東で最も早い8月からワカサギ釣りがスタートします。

レンタルボートで手軽に楽しめるため、観光がてら気軽に楽しみたい方におすすめの湖です。

芦ノ湖とは

芦ノ湖は神奈川県南西部にある県内最大の湖で、周囲長21.1kmで最大水深43.5m、平均水深は15.0mです。

箱根火山のカルデラ内にある中央火口丘の一つであり、約3000年前にカルデラ内にあった早川を堰き止めて生まれました。

釣り場としても有名であり、ニジマスやブラウントラウトなどマス類をはじめ、ブラックバスが1925年に日本で初めて放流されたバスフィッシングのメッカ、としても知られています。

芦ノ湖のワカサギ釣りシーズン

水源の大部分が湖底からの湧き水であり、湖底部から水温4℃の冷たい水が絶えず湧き出ているのが芦ノ湖の特徴です。

夏場でも比較的水温が低く、一般的なワカサギフィールドが早くて9月中旬以降にはじまるのに対して、8月からと関東一早くシーズンインします。

例年3月1日より12月第3日曜日までが、ワカサギ釣りを楽しめるシーズンです。
もともと11月30日までと定められていますが、解禁期間が延長されています。

芦ノ湖のワカサギ釣り方

芦ノ湖ではボート釣りでワカサギ釣りを楽しみます。

水温の高い時期はワカサギの群れが散らばっているため、こまめなポイント移動が釣果アップのコツです。

タックルは電動ワカサギリールでもよいですが、長さ1.5~2mほどの汎用リール竿で狙うスタイルが芦ノ湖のスタンダード。

14本バリなど多点仕掛けを使用して、スズナリを狙いましょう。
エサはサシを使い、食いのよいときは空バリでも釣れます。

水深10~12mラインがワカサギのポイントです。

船宿によっては、芦ノ湖のワカサギ釣りにマッチする専用仕掛けを販売しているので、ぜひチェックしてみてください。

オモリは3号をメインとして、2号と4号を用意しておけばバッチリ。
ハリは2.5号を基準として、2号と3号も用意しておけば万全です。

Gamakatsu(がまかつ)
¥702
(2021/09/24 06:07:49時点 Amazon調べ-詳細)

スズナリを楽しむコツは?

汎用リール竿の多点仕掛けで釣る場合は、一度に7~10匹を掛けるスズナリを狙ってみましょう。

芦ノ湖ではフォール中に掛かるパターンが多く、アタリをとったらすぐに巻き上げずに追い食いを狙います。

ほどなくして追い食いを感じたら、巻き上げましょう。
あまり時間をかけると、マス類やブラックバスに食われてしまうため注意が必要です。

ランディングネットを用意しておこう

芦ノ湖にはブラックバスやマス類など、多くの魚種が生息しています。

それらが掛かってしまうことも多いため、ランディングネットを用意しておくと安心です。

ヒメマスなど食べると美味しい魚も釣れるため、掛かったらしっかりとランディングしましょう。

芦ノ湖でのワカサギ釣り方

水温の高い時期はこまめなポイント移動が釣果アップのコツ

長さ1.5~2mほどの汎用リール竿で狙うスタイルが芦ノ湖のスタンダード

14本バリなど多点仕掛けを使用すればスズナリを狙える

エサはサシを使い、食いのよいときは空バリでもOK

水深10~12mラインがワカサギのポイント

船宿によって、芦ノ湖のワカサギ釣りにマッチする専用仕掛けを販売している

オモリは3号がメインで2号と4号を用意しておけばバッチリ

ハリは2.5号を基準として2号と3号も用意しておこう

アタリをとったらすぐに巻き上げずに追い食いを狙う

巻き上げにかけるとマス類やブラックバスに食われてしまうことも

ランディングネットを用意しておくと安心

手軽にワカサギ釣りを楽しみたいなら、安価で買い求めやすい「ワカサギ釣りセット」ではじめてみるのもオススメです。

下記のリンクからも探せるので、ぜひチェックしてみてください。




芦ノ湖ワカサギ釣り基本情報

名称 芦ノ湖(あしのこ)
シーズン 3月から12月第3日曜まで(従来は11月30日まで。解禁期間延長中。)
料金
  • 入漁料:1,300円(1日)※現場売りは2,000円
  • レンタルボート:3,500円(1日2人乗り)
問い合わせ ボートうえの

所在地
食事 各船宿で可能。近くにコンビニエンスストアもあり。
アクセス・その他
  • 東名高速道路から厚木インターから小田原厚木道路へ。そのまま国道1号線を小田原・湯河原方面へと向い、箱根新道を抜けて芦ノ湖畔到着。
  • 「御殿場インター」から箱根温泉方面、乙女峠経由も可。

芦ノ湖のお天気をチェック

芦ノ湖周辺の宿泊施設を探す

芦ノ湖の船宿情報

ボートうえの

オリジナルワカサギ鈎「芦ノ湖 うえ乃スペシャル」を販売しています。

ノザキボート

手漕ぎボートのほか、エンジン付ボートをレンタルできます。

やまびこ

芦ノ湖 やまびこ出典:やまびこ

ワカサギの絶好ポイントの前に位置しており、ボートを漕ぐのも楽々です。

岡本ボート

食事できるほか、スワンなどのレンタルレジャーボートも扱っています。

芦ノ湖フィッシングセンター/網元おおば

「携帯電話情報サービス」で、芦ノ湖の釣り情報をチェックできます。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根162-18
TEL:0460-84-8984
URL:https://www.ashinoko-fc.co.jp/

芦ノ湖周辺の観光スポット

湖の周囲には多くの観光施設、名所があります。
とくに、ワカサギ釣りの最盛期は紅葉の見ごろの時期です。

ドライブがてらワカサギ釣りを楽しみのもよいですし、家族で温泉地に泊まりながら観光メインに楽しむなど、さまざまスタイルで楽しめます。

数あるなかから、代表的なスポットを簡単に紹介しておきましょう。

芦ノ湖の観光スポットの続きを読む

箱根海賊船

芦ノ湖で運航する観光船です。
絶景の眺めながら湖上探索を楽しめ、天気の良い日なら富士山も見られます。

箱根小涌園ユネッサン

日帰り温泉や水着で温泉を楽しめる、温泉レジャー施設です。

地中海をモチーフにした「神々のエーゲ海」やコーヒー風呂、ワイン風呂など一風変わったお風呂を楽しめます。

ウォータースライダー「ロデオマウンテン」は小さな子どもでも楽しめるなど、ファミリー連れにおすすめのスポットです。

箱根ガラスの森美術館

緑豊かな箱根仙石原にある、日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館です。

15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ貴族を熱狂させた「ヴェネチアン・グラス」を展示しているほか、カフェ・レストランやガラスの体験工房もあります。

仙石原高原

神奈川県の景勝50選にも選ばれており、数百メートルにわたって広大なススキの景観が広がっています。

9月下旬~10月下旬が見ごろ。
ススキの草原の間には遊歩道が作られています。

大涌谷

約3000年前に箱根火山の爆発でできた、神山爆裂火口の跡が大涌谷。
岩肌から白煙が立ち込めていて、大自然の力を感じられるスポットです。

自然研究路を歩いて噴煙地を登った先に玉子茶屋があり、ひとつ食べれば7年寿命が延びるといわれている、大涌谷名物「黒たまご」が名物になっています。

箱根ロープウェイ

箱根登山ケーブルカーの終点「早雲山駅」から「大涌谷駅」「姥子駅」、「桃源台駅」まで全長約4,000mのロープウェイ。約24分かけて空中散歩を楽しめます。

ゴンドラはガラス張りで芦ノ湖や富士山を眺められるほか、空気が澄んでいれば東京スカイツリーを見られる人気スポットです。

箱根関所・箱根関所資料館

箱根関所出典:箱根関所

江戸時代交通史の重要な遺跡「箱根関所」を再現した施設です。
御番所が復元されており、等身大の人形が当時の風俗風習を伝えています。

芦ノ湖周辺の宿泊施設

芦ノ湖畔の温泉地「箱根温泉郷」をはじめ、強羅温泉・仙石原温泉・小涌谷温泉など多くの温泉地があります。

また、少し車で移動すれば、湯河原温泉や箱根湯本温泉など人気の温泉地もあるなど、宿泊施設には困りません。

超高級ホテルからリーズナブルなホテル・旅館まで、予算やスタイルによって好みの宿泊施設を選べます。

芦ノ湖周辺の宿泊施設を探す

芦ノ湖のワカサギ釣りでスズナリを楽しもう

リール竿に多点仕掛けがスタンダードな芦ノ湖のワカサギ釣り。
ワカサギが鈴なりで釣れることがあるのも魅力です。

天気の良い日は富士山を眺めながら釣りを楽しめますよ。
観光や温泉を楽しみながら、ワカサギ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

TOPページへ移動

関連記事をもっと読む