ワカサギ釣り場

魚影の多い年は数釣りも!『松原湖』の氷上ワカサギ釣り

例年、結氷する1月上旬頃に解禁される「松原湖」のワカサギ釣り。
解禁当初は比較的簡単に数釣りを楽しめます。

とくに魚影の濃い年は初心者にも手軽に釣れるため、ぜひ氷上ワカサギ釣りにチャレンジしてみませんか?

そこで今回は、松原湖のワカサギ釣りにフォーカス。
釣り方や基本情報にくわえて、周辺のおすすめの温泉施設もご紹介します。

松原湖のワカサギ釣り

松原湖とは

松原湖は長野県南佐久郡小海町にあり、猪名湖・長湖・大月湖の3湖の総称です。
一般的には、3湖の中でもっとも大きい猪名湖のことを指します。

ワカサギ釣りにおいても猪名湖がメインであり、大月湖にはワカサギが生息していないようです。
水深は最大7.7mと浅く、例年年明け頃になると結氷し、諏訪湖と同様に御神渡(おみわたり)が発生することでも知られています。

湖畔には武田信玄ゆかりの諏訪神社上社があるほか、八ヶ岳を取り囲むように名湯も多く、温泉を楽しみながらワカサギ釣りを楽しめるのも魅力です。

極寒でも快適に!「氷上ワカサギ釣り」おすすめの便利グッズ美しい一面銀世界のなかで楽しむ「氷上ワカサギ釣り」。極寒の過酷な環境での釣りながら、多くのワカサギフリークを魅了してやみません。氷上ワカサギ釣りを快適に楽しむための便利グッズをご紹介します。...

松原湖のワカサギ釣り方

松原湖では例年年明け頃に結氷しはじめ、1月上旬頃にワカサギ釣りが解禁されます。
令和2年は1月2日解禁でした。

解禁当初は5cmほどの小さめサイズの数釣りがメイン。
初心者でも比較的簡単に楽しめるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

2月に入って氷の上に雪が多く積もるようになると食い渋り、ベタ底の釣りが基本になります。

渋い状況では繊細な釣りを求められるため、ハリをなるべく小さくするのがポイント。
手返しを重視して、5本バリの0.5号がおすすめです。

エサは本ラビットをなるべく小さくカットして使用します。
水深が全体的に浅いため、オモリは3g程度で十分です。



松原湖のワカサギ釣り基本情報

名称松原湖(まつばらこ)
シーズン1月上旬~3月第1日曜日
料金
  • 遊漁料500円
  • レンタル釣具:1,200円(レンタル竿セット・仕掛け・エサ・エサ切りハサミ・エサ入れ・椅子・ワカサギ入れ)
  • アイスドリル:1,000円
  • カタツムリテント:1人用1,500円、2人用2,000円、3人用2,400円
  • ガスヒーター:1,000円
  • ソリ:小100円、大500円
  • 防寒長靴:500円
  • チェーンスパイク:500円
  • エサ・仕掛け(サシ・ラビット・仕掛け各種あり):200円~

※すべて「リゾートイン立花屋」の場合

問い合わせリゾートイン立花屋

  • 電話番号:0267-93-2201
  • 住所:長野県南佐久郡小海町大字 大字豊里4253−1
  • 営業時間:釣り時間は午前6時~-午後4時30分まで
  • URL:https://resortinn-tachibanaya.jp/
食事持参または食堂もあり
所在地
アクセス
  • 上信越自動車道「佐久インター」から141号を「小海町」「八千穂」「清里」方面へ車で南下。
  • 中央自動車道「須玉IC」から141号を「清里」「野辺山高原」「小海町」方面へ北上。

※どちらからでも約1時間ほどで湖に到着。

松原湖周辺の温泉施設

北八ヶ岳松原温泉「八峰の湯」

北八ヶ岳松原温泉「八峰の湯」出典:八峰の湯

松原湖近くにある日帰り温泉施設で、ワカサギ釣りを楽しんだ後に温泉で温まりたい場合に便利です。
食事処があるほか、隣には小海町高原美術館があります。

  • 大人:700円(平日100円割引)
  • 子供:300円(平日100円割引)
  • レンタルタオルセット: 150円
  • URL:http://www.yahho-onsen.jp/

星空の湯

星空の湯出典:星空の湯

松原湖高原のリゾートホテル「小海リエックス」に併設された温泉施設です。

稲子湯旅館

松原湖から車で20分ほどの場所にある温泉旅館で、日帰り入浴できます。

松原湖周辺で宿を探す

氷上ワカサギ釣りにチャレンジ!

結氷してから解禁する松原湖。
解禁直後はサイズが小さいものの、数釣りを楽しめます。

周辺には温泉も多く、ワカサギ釣りを楽しんだあとは冷えた体を温めてから帰路に就くのもよいですね。

極寒のなかでの釣りなので、防寒対策をしっかりとして氷上ワカサギ釣りにチャレンジしてみてください。

松原湖のワカサギ釣りクチコミへ

関連記事をもっと読む