竿・穂先

ダイワ「クリスティア ワカサギ HG TYPE C SS BA」が2021年10月登場!

ダイワのクリスティア穂先HG(ハイグレード)に新ラインアップが2021年10月に登場します。

千島テスター監修のBA(ボートアクション)シリーズ「TYPE C SS BA」です。

初代TYPE-Cの長いモデルをイメージした先調子タイプで、ボートワカサギ釣りでの釣果アップをサポートしてくれるのではないでしょうか?

では、詳しく見ていきましょう。

ダイワ「クリスティア ワカサギ HG TYPE C SS BA」

「TYPE C SS BA」は、ダイワのクリスティア穂先HG(ハイグレード)の新ラインアップです。

千島克也テスター監修の「HGシリーズ」の新シリーズであり、ボート釣り専用穂先として登場します。

適度な張りを持たせた先調子でボートの揺れを拾いやすく、穂先が勝手に誘いを掛けてくれると謳っています。

では、特徴を見ていきましょう。

長さ39cmのワカサギ穂先

「TYPE C SS BA」は全長39cmと、ダイワの穂先ラインアップの中では最も長いモデルです。

誘い幅を大きくとれるほか、120cm超えの長い仕掛けの取り回しをスムーズにする効果が期待できます。

ボートや桟橋での釣りに有利であると同時に、スリットの広い屋形ドームや露天の氷上でも活躍するワカサギ穂先です。

適度な張りを持たせた先調子「BA(ボートアクション)」

BA(ボートアクション)は、適度な張りを持たせた先調子です。

先端部がしなやかな穂先の場合、しっかり誘いを掛けないと仕掛けが動きません。

一方、BAアクションならボートの揺れを拾いやすいため、穂先が勝手に誘いを掛けてくれる効果が期待できるでしょう。

高活性時にワカサギが1匹掛かれば竿が上下に動き、その反発で多点掛けになるチャンスも増える効果も。

ボートワカサギ釣りでの釣果アップをサポートしてくれること間違いなしのワカサギ穂先です。

サクサスガイド搭載を搭載

出典:DAIWA

「TYPE C SS BA」には、ダイワではもうお馴染みの「サクサスメッキ」を施しています。

ステンレス剥き出しの従来ガイドと比べて表面硬度が上がり、より優れた耐久性と耐摩耗性を実現しています。

また、滑りがよいためPEライン使用でも消耗しにくく、長持ちしやすいのも特徴です。

さらに、水はけをしやすく低温化でガイドが凍りにくくするなど、さまざまな効果を発揮します。

オレンジスレッド先端で見やすさ抜群!

出典:DAIWA

「TYPE C SS BA」の先端には、オレンジスレッドカラーを採用しています。

色のメリハリによってアタリがはっきり見えやすく、快適なワカサギ釣りをサポートしてくれるでしょう。

3タイプをラインナップ

出典:DAIWA

「TYPE C SS BA」には、オモリ負荷の異なる3タイプをラインナップしています。

  • SSS=2~5g
  • SS=4~7g
  • S=5~10g

3種類とも入手して、ボートの流れ方や水深、ワカサギの活性に応じて使い分けるのもオススメです。

「TYPE C SS BA」の仕様

サイズ 自重 全長 鉛負荷 メーカー
希望本体
価格
39BA SSS 約7g 390mm 2.0~5.0g 7,950円
39BA SS 約7g 390mm 4.0~7.0g 7,950円
39BA S 約7g 390mm 5.0~10.0g 7,950円

ボートワカサギ釣りの新たな武器になる!

ダイワのクリスティア穂先HG新ラインアップ「TYPE C SS BA」。
ワカサギ釣りのエキスパート千島テスター監修で、2021年10月発売予定です。

ボートワカサギ釣りの新しい武器として、入手してみてはいかがでしょうか?

TOPページへ移動

関連記事をもっと読む