魚群探知機

ワカサギ魚群探知機「PS-611CNⅡ ワカサギパック」が登場!

魚群探知機ブランド「HONDEX」を展開している「本多電子」より、NEWモデル「PS-611CNⅡ ワカサギパック」が2021年11月に発売されました。

より使いやすく進化しており、現行モデルの「PS-610C ワカサギパック」も同時に機能をリニューアルしています。

では、詳しくを見ていきましょう。

ワカサギ釣り用の魚群探知機についてもっと知りたい方は、下記の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

ワカサギ釣り専用「魚群探知機」のオススメ!選び方4つのポイント本格的にワカサギの数釣りを楽しみたいなら「魚群探知機」が欠かせません。オススメのワカサギ釣り専用モデルのご紹介とあわせて、選び方を解説します。...

HONDEX「PS-611CNⅡ ワカサギパック」

ワカサギ専用魚群探知機出典:amazon

ワカサギ釣り専用魚群探知機は、もはやワカサギフリークの必需品と言っても過言ではないアイテムです。

魚群探知機メーカー「HONDEX」は、2021~2022年新モデルとして「PS-611CNⅡ ワカサギパック」の発売を発表しました。

従来モデルと比較して機能が向上しており、現行モデルの「PS-610C ワカサギパック」も同時にリニューアル版としてバージョンアップ。

混信を低減する「専用振動子TD08」がセットになっているほか、バッテリーと充電器がセットになったバッテリーパックも発売されます。

新モデルの注目ポイントは下記の5つです。

  1. 「専用振動子TD08」が機能性アップ
  2. ワンタッチキーで操作が簡単
  3. ゴースト低減機能を搭載
  4. ボンディング液晶で視認性抜群
  5. 全国詳細地図を標準搭載
ホンデックス(HONDEX)
¥68,672
(2022/09/28 12:41:22時点 Amazon調べ-詳細)

ワカサギ釣りをはじめよう

「専用振動子TD08」が機能性アップ

出典:本多電子

「PS-611CNⅡ ワカサギパック」と「PS-610C ワカサギパック」には、指向角が狭くピンポイントで真下の様子を捉えられる「専用振動子TD08」がセットになっています。

とくに、傾斜地でより正確に湖底の様子を把握できるため、湖底に付いているワカサギの判別に有効です。

また、指向角の狭さはドーム船で隣の方の魚群探知機と超音波が重なりにくく、混信やゴーストの発生を軽減します。

フロート(浮き)付きで、水中に降ろすだけですぐに使えるのも便利。
フロートを取り外しても使用できます。

また、2021~2022年モデルより、7パターンの周波数から選択できるようになりました。

従来モデルよりも混信軽減に役立つ仕様になっています。

出典:本多電子

TD08は単体モデル「HE-68WB」にも接続可能です。

ワンタッチキーで操作が簡単

出典:本多電子

ワカサギ釣りでよく使う周波数の切り替えと手動拡大の拡大幅切り替えを、ワンタッチキーに割り当てられる仕様になりました。

メニュー画面を開く必要がなく、シンプルでスピーディーな操作性を実現しています。
2モデルともワカサギモードON時に有効となり、TD08接続時のみ操作可能です。

また、ワカサギに最適なセッティングに設定できる「ワカサギモード」を搭載しています。

ゴースト低減機能を搭載

至近距離で複数台の魚群探知機が使われている状況では、湖底や魚などの反応が本来の水深ではない場所に表示される「ゴースト」が発生するケースがあります。

「PS-611CNⅡ ワカサギパック」と「PS-610C ワカサギパック」には「ゴースト低減機能」を搭載しており、不要な反応を削除できるようになりました。

ボンディング液晶で視認性抜群

出典:本多電子

「PS-611CNⅡワカサギパック」には、ボンディング液晶を採用しています。

液晶ディスプレイとカバーガラスを特殊技術で貼り付けて空気層をなくす構造で、視認性を向上させると同時に結露も防止可能です。

全国詳細地図を標準搭載

出典:本多電子

PS-611CNⅡワカサギパックには、全国地図を標準搭載しています。
釣れたポイントへマーク入力でき、自分だけのデータを蓄積でき便利です。

さらに、等深線の入った湖なら地図上で大まかな水深も確認可能。
等深線から底の地形を予想できます。

また、プロッター画面と魚探画面の併画表示できる点にも注目。
魚探画面を見ながら、気になるポイントをマーク入力できます。

品名 PS-611CNⅡ

PS-610C

メーカー希望小売価格 71,500円(税込) 60,500円(税込)
画面 5型ワイドボンディング液晶 5型ワイド液晶
表示部ドット数 272×480
電源電圧 DC11~14V
消費電力/電流 約4W 約0.3A/12V 約3W 約0.3A/12V
本体寸法(mm) W173×D191×H173
本体質量 約0.7kg
周波数/出力 150-300kHz(ワカサギモードON時)/100W
水深表示範囲 最大:0~150m 最小:0~2m 最大:0~150m 最小:0~3m
背景色 4色 3色
色配列 8種類 6種類
オート深度 オートキー OFF/ON(メニュー内)
オート感度 オートキー OFF/低/中/高(メニュー内)
拡大 OFF/海底固定/自動/手動
拡大倍率 2倍/4倍/8倍
プロッター機能
  • 航跡:16,000点
  • マーク:1,000点
  • 全国地図内蔵
  • 潮汐グラフ
  • GPS内蔵
  • ライン作図
なし

注目のNEWワカサギ魚群探知機

2021~2022年モデルとして新登場した「PS-611CNⅡ ワカサギパック」。
従来モデルよりも機能性が向上しています。

魚群探知機をまだ持っていないのなら、釣果アップすべく用意してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、従来モデル「PS-610C」のバージョンアップ(有償)を実施しています。
お持ちの方は、購入先または同社のマリンカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

  • 本多電子株式会社マリンカスタマーサービス
  • 住所:〒441-3193 愛知県豊橋市大岩町小山塚20
  • TEL:0532-41-6332 月~金:AM9:00~PM5:15 (AM12:00~AM12:50を除く)
ホンデックス(HONDEX)
¥68,672
(2022/09/28 12:41:22時点 Amazon調べ-詳細)

ワカサギ釣りは、誰でも手軽に楽しめるのが魅力です。とはいえ、それなりに道具は必要で、なにを揃えたらよいのかわからない場合も。釣り方にもコツがあります。

以下の記事では、初心者向けに道具・釣り場・釣り方などについて解説しています。ワカサギ釣りに興味があれば、ぜひ読んでみてください。

ワカサギ釣りの道具・釣り場・釣り方を初心者向けに解説!ワカサギ釣りは氷上や湖でのボート釣り、快適なドーム船で楽しめます。女性や子どもでも手軽に楽しめるのも魅力です。ワカサギ釣り初心者向けに場所や道具、釣り方を解説します。...
関連記事をもっと読む