岩手県

魚影の濃さが魅力!岩手県「大志田ダム」で氷上ワカサギ釣り

岩手県の「大志田ダム」通称「菜魚湖」では、氷上ワカサギ釣りを楽しめます。

魚影の濃さで知られており、氷上ワカサギ釣りにチェレンジしてみたい初心者にぴったりのワカサギフィールドです。

大志田ダムでのワカサギ釣りの概要や釣り方を解説しますので、氷上ワカサギ釣りを楽しめる湖を探している方は参考にしてみてくださいね。

岩手県「大志田ダム(菜魚湖)」のワカサギ釣り

大志田ダムでは例年2月上旬から氷上ワカサギ釣りを楽しめる。出典:上馬淵川漁業協同組合

岩手県一戸町奥中山地区の大志田ダムは通称「菜魚湖(ななこ)]と呼ばれ、例年1月下旬から2月上旬に氷上ワカサギ釣りが解禁されます。

2000年代初頭に完成したダム湖であり、ワカサギの魚影の濃さでも有名。
シーズンの早朝は、多くのワカサギフリークの車で渋滞が発生するほどです。

氷の厚さが15cm未満になるとクローズされるため、およそ1ヶ月くらいが氷上ワカサギ釣りを楽しめます。

大志田ダムはワカサギの魚影が濃く、初心者でも手軽に楽しめる。出典:上馬淵川漁業協同組合

大志田ダムのワカサギ釣り方

大志田ダムは十和田湖産のワカサギを放流しており、魚影の濃さが魅力です。
魚群探知機をかけると、浅い棚から深場までまんべんなく魚影が映る場合もあります。

ベテランなら1,000匹を狙えるほか、初心者でも比較的数釣りを楽しみやすいワカサギフィールドです。

水深はそれほど深くないため、オモリは3号程度で十分。

大志田ダムのワカサギは小型の当歳魚とデカサギが混じりますが、当歳魚メインと考えてハリは1号をチョイスします。

ワカサギの大きさはシーズンによって異なるため、デカサギが多いパターンも想定して2号のハリを用意しておくと万全です。

大志田ダムのワカサギ釣り方

水深はそれほど深くなくオモリは3号程度で十分

当歳魚メインを想定してハリは1号をチョイス

デカサギが多いパターンに備えて2号のハリを用意しておくと万全

大志田ダムには道具のレンタルもありますが、ワカサギ釣りを趣味として続けていくならマイタックルの用意も検討してみましょう。

手軽にワカサギ釣りを楽しみたいなら、安価で買い求めやすい「ワカサギ釣りセット」ではじめてみるのもオススメです。

下記のリンクからも探せるので、ぜひチェックしてみてください。




大志田ダムのワカサギ釣り基本情報

名称 大志田ダム
シーズン
  • 解禁:毎年1月下旬~2月中旬
  • 時間:午前6時15分から午後3時
料金
  • 遊漁料:一般600円(中学生及び75歳以上300円、小学生以下無料)

釣り券販売開始時間:土・日・祭日午前5時頃、平日午前6時頃

問い合わせ 上馬淵川漁業協同組合

レンタル
  • 釣竿・リール・竿立てセット:1,500円
  • 貸しテント:設置済みテント1名1,500円、小学生以下は1,000円(あぐらいす、暖房付)
  • 貸切4,000円(全日同一料金): (あぐらいす付、暖房有)
  • ガイドサポート:30分1,000円
  • 駐車場:計300台(無料)

各種要予約であるほか、用意していないシーズンもあり要確認

食事
  • 菜魚湖産直食堂:地元産直が温かい蕎麦、豚汁、飲み物等を販売
所在地
アクセス・その他
  • 東北自動車道「西根IC」下車して二戸・岩手町 方面へ36.5km

大志田ダムのお天気をチェック

安比高原・八幡平・二戸で宿を楽天トラベルで探す

大志田ダム周辺の温泉・宿泊施設情報

ホテル奥中山高原

大志田ダムの釣り場から、約10kmほど離れた場所に位置する観光ホテルです。
奥中山高原スキー場に隣接しています。

日帰り入浴も可能です(時間:11:30~15:00)。

安比高原・八幡平・二戸で宿を楽天トラベルで探す

氷上初心者にオススメの大志田ダムのワカサギ釣り

魚影の濃さで人気の大志田ダム。
「氷上ワカサギ釣り」をはじめてみたい初心者にオススメのワカサギフィールドです。

地元では「初心者にやさしい釣り場」を目指して、駐車場・トイレ・地元産直による簡易食堂・レンタル用品など準備するなどワカサギ釣りに力を入れています。

お近くでワカサギ釣りに興味があるのなら、訪れてみてはいかがでしょうか?

TOPページへ移動