ダイワ(DAIWA)

レベルアップを目指す方に!ダイワのワカサギ穂先「クリスティアワカサギ HG SS PA/FA」

ダイワのワカサギ釣りブランド「クリスティアワカサギ」のクリスティア穂先HG(ハイグレード)に、「千島の胴調子(PA:パラボリック アクション)と「久保田の先調子(FA:ファスト アクション)」の2ラインナップが加わりました。

2人に名手が監修した、レベルアップを目指す方に最適なワカサギ穂先です。
詳しく見ていきましょう。

ダイワ『クリスティアワカサギ HG SS PA/FA』

ダイワ『クリスティアワカサギ HG SS PA/FA』出典:DAIWA

クリスティアワカサギ HG SS PA/FA』は、ワカサギクリスティアの2大看板、千島克也(TYPE C)テスターと久保田稔テスター(TYPE K)監修の「HGシリーズ」の新シリーズです。

ガイドにダイワテクノロジー「サクサス」メッキを採用

ガイドにダイワ独自のテクノロジー「サクサス」メッキを施しているのが特徴です。
表面硬度が上がっており、耐久性・耐磨耗性に優れたワカサギ穂先に仕上がっています。

ガイトスレッドには蛍光オレンジを採用

ガイトスレッドはよりアタリの見やすい蛍光オレンジ出典:DAIWA

穂先最先端部のガイトスレッドには、より穂先でアタリをとりやすい蛍光オレンジを採用しています。
最先端部以降のガイドスレッドには、従来通りの調子ごとに色を変えている仕様です。

TYPE C PA(パラボリック アクション):30/37cm・SSS/SS/S

TYPE C PA(パラボリック アクション):30/37cm・SSS/SS/S出典:DAIWA

「TYPE C PA」は、千島克也テスター監修のワカサギ穂先です。

穂先最先端にはしっかりパワーを残しつつ、少し後ろ部分をしなやかに設計。
アタリを増幅させて、目で捉えやすくなっています。

バット部は胴調子ながらパワーを持たせており、アワセ遅れを減らす「掛けの6:4胴調子」を採用。
レングスは近年長くなりつつある穂先のトレンドを反映した、30cmと37cmをラインナップしてます。

  • 30cm:ドーム(屋形)船・ボード・氷上までこなすオールラウンダーモデル。
  • 37cm:スリットの広いドーム(屋形)船から、ボートフィッシングに最適モデル

TYPE K FA(ファスト アクション】:32.5cm・SSS/SS

TYPE K FA(ファスト アクション】:32.5cm・SSS/SS出典:DAIWA

「TYPE K FA」は、久保田稔テスター監修のワカサギ穂先です。

先調子から胴調子へ移行する「可変調子」を採用。
誘いからアタリまでは先調子、アワセてから巻き上げ時は胴調子になる調子で、穂先に負荷が掛かると先端から徐々に曲りはじめて、中間部分まで受け止める仕様になっています。

単一のグラスファイバーブランクスの削り出しから作られており、竿のカーブがスムーズで先端部分のブレの少なさが特徴です。

最先端は非常にしなやかで小さなアタリもしっかり取れる仕様。
バットは負荷によってクッションを効かせ、バラシを軽減できます。

  • 誘っている時は8:2調子
  • 乗せる時は7:3
  • 巻き上げ時は6:4
アイテムサイズ自重(g)全長(cm)錘不可
TYPE K32.5FA SSS532.51.0~6.0
TYPE K32.5FA SS532.51.5~8.0
TYPE C30PA SSS5302.0~5.0
TYPE C30PA SS5303.0~7.5
TYPE C30PA S5305.0~12.0
TYPE C37PA SSS5372.0~5.0
TYPE C37PA SS5373.0~7.5
TYPE C37PA S5375.0~12.0

レベルアップしたいアングラーの強力な武器

クリスティアワカサギ」に新たに加わった、「TYPE C PA」と「TYPE K FA」。
2人の名手が徹底的にテストをおこなった逸品です。

とく、久保田稔テスター監修のFAシリーズは2シーズンに渡ってテストし、2018年に開催された野尻湖ワカサギチャプター第2戦、第3戦で実戦導入して連続優勝という結果を出しています。

レベルアップを目指す方、必見のワカサギ穂先です。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥7,119
(2021/03/06 06:37:59時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥5,577
(2021/03/05 17:07:31時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事をもっと読む