竿・穂先

クリスティア ワカサギ LTD AGSシリーズ「 速攻335SSSS」「誘惑330S」が発売!

クリスティアワカサギ穂先の「クリスティア ワカサギ LTD AGS」シリーズに「速攻335SSSS」と「誘惑330S」が2022年10月に追加されます。

ダイワの最高峰ワカサギ穂先シリーズの新モデルです。
では、詳しく見ていきましょう。

クリスティア ワカサギ LTD AGS 追加モデル

LTD AGS 誘惑 330 S 出典:DAIWA

クリスティア ワカサギ LTD AGSシリーズは「AGS」や「Saqsas」といった、ダイワテクノロジーを駆使して開発される最高峰のワカサギ穂先です。

2022~2023年シーズンのNEW穂先して追加されたのが「速攻335SSSS」と「誘惑330S」。

同社の千島テスターと久保田テスターが「ここ一番で欲しいスペシャルな1本」というテーマーのもと、開発にかかわっています。

ワカサギ釣りをはじめよう

AGSとは?

出典:DAIWA

ダイワのテクノロジー「AGS(エアガイドシステム)」とは、AIR GUIDE SYSTEM(エアガイドシステム)の略称であり、カーボン素材で成型されたオリジナルガイドシステムです。

大幅な軽量化と優れた感度を実現しており、速い振り抜けでティップがピタッと止まるのが特徴。

チタンと比較し約3倍の剛性をもつカーボンを採用し、ラインを通して伝わるわずかなアタリをダイレクトにブランクへ伝えます。

SaqSas(サクサス)とは

出典:DAIWA

メッキ加工技術であり、ハリにも採用されているテクノロジーです。

ステンレス剥き出しの従来ガイドと比較して表面硬度が上がり、耐久性・耐摩耗性が向上します。

また滑りがよく、PEラインが消耗しにくく長持ちするのも特徴。
水はけもよく、氷上で少しだけガイドが凍りにくい効果も発揮します。

速攻335SSSS

出典:DAIWA

しなやか調子で、小さなアタリもしっかり取れるワカサギ穂先です。

穂先の前方部分に軽いワイヤガイドを採用しており、先端部への負担を軽減。
誘い後のブレをセーブします。

先端を薄く削ったしなやかな穂先により、小さなアタリを逃さずとらえたい方にぴったり。
AGS搭載で、微細な振動を忠実に手元に伝えて手感度も向上します。

ジョイント部のに軽量のアルミ素材を採用し、穂先全体の軽量化を実現しているのも魅力です。

右にスクロールしてご覧ください。

品名 自重 全長 鉛負荷 価格
速攻335SSSS 5g 340mm 0.5~5.0g 14,700円

誘惑330S

出典:DAIWA

優れた目感度・手感度・掛け感度を楽しめるワカサギ穂先です。

レスポンスのよい誘いが可能な穂先で、わずかなアタリが穂先の先端部に集中する、目感度の良さを実現しています。

AGSを元部に搭載し、さらに手感度も向上。
従来モデルと比べて、より掛け感度を高めているのも魅力です。

速攻335SSSS同様、穂先全体の軽量化を図っています。

右にスクロールしてご覧ください。

品名 自重 全長 鉛負荷 価格
速攻335SSSS 5g 330mm 5.0~10.0g 14,700円

最高峰穂先「クリスティア ワカサギ LTD AGS」NEWモデル!

2種類のNEW穂先を追加し、よりラインナップが充実した「クリスティア ワカサギ LTD AGS」シリーズ。

新しいワカサギ穂先の購入を検討しているなら、ぜひチェックしてみてください。

ワカサギ穂先とひとくちにいっても、各メーカーからさまざまなタイプが発売されています。

以下の記事では、ワカサギ穂先にフォーカスして選び方や、オススメ製品を紹介しています。新しいワカサギ穂先を探しているなら、ぜひチェックしてみてください。

「ワカサギ穂先」のオススメ!選び方4つのポイントを解説ワカサギ釣りでは電動リールに「ワカサギ穂先」をセットするスタイルが主流です。オススメのワカサギ穂先のシリーズやモデルを紹介し、選び方を解説します。...
関連記事をもっと読む